酵素まるわかり百科事典

酵素まるわかり百科事典

ドリンク&サプリを大調査!酵素で美と健康を手に入れよう

本当にオススメの酵素ドリンクBEST3

いま話題の酵素ドリンクを実力で比較!

幅広い年代で今、酵素ドリンクが大人気です!その種類は実にさまざまで、原料や熟成方法もそれぞれ違っていますから、味も異なりますし、期待できる効果も違います。

そこで、人気の酵素ドリンクをピックアップ!実力(効果を口コミで検証)原料や熟成方法のこだわり徹底比較しました!

酵素八十八選 野草酵素 毎日酵素 スーパー
オータカ
優光泉

気になるサイト概要を、少しだけ紹介しますね↓↓

酵素の種類と働きを知ろう

生きるうえで必要不可欠な酵素とは?どれくらい種類があるの?どのような働きをするの?酵素不足になると、体はどうなってしまうの?

酵素の効果

腸内環境の改善、ダイエット、美肌、アンチエイジング、免疫力アップ…。酵素を積極的に摂ることでどんな効果が得られるのか?詳しく解説します。

酵素ドリンク選びのポイント

たくさんの酵素ドリンクの中から、自分にピッタリのものを探すにはどうすればいいの?酵素ドリンク選びのチェックポイントをご紹介!

酵素の摂取方法どれがいい?

酵素は、食品、サプリメント、ドリンクのうち、どれから摂るのが一番効果的なのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットをチェック!

最近話題のファスティング・酵素ダイエット特集

酵素にはデトックス効果があり、摂るだけでダイエット効果が期待できます。
話題の酵素ドリンクを飲めば、置き換えダイエットにも有効でしょう。

置き換えダイエットとは、1日3食の内どれか1食だけ酵素ドリンクに置き換えた生活を数日続けるファスティングダイエット法(断食法)の一種です。

酵素によって代謝酵素の働きが強化され、体内酵素の無駄遣いを
抑えることができ、脂肪分が燃焼してダイエット効果がアップ

しかも、空腹感を感じることなくダイエットができるので、
酵素はファスティングダイエットの強い味方なんです。

では、酵素ダイエットにはどんな効果やメリットがあるのでしょうか?

消化機能の向上

酵素が不足すると、腸の機能が低下します。これは、消化酵素が不足することによる消化不良が原因です。

消化不良に陥ると、各器官の代謝機能が落ちてしまい、腸の活動が低下します。そうなると、消化しきれなかった食べ物が腸の中に停滞し、必要以上に水分と栄養を吸収し続けて硬く乾いた便になり、便秘が引き起こされるのです。

リバウンドのリスクがない

過度な食事制限によってカロリーや栄養の供給が減ると、体が生命活動を続けるために少ない食物からより多くのエネルギーを吸収し、蓄えながら節約して活動し始めます。

例えば筋肉に栄養が行き渡らなくなると、体は筋肉をエネルギーとして使用するため、基礎代謝が下がり、太りやすい体質にかわってしまいます。

その状態から急に普通の食事に戻してしまうと、体脂肪が付いて痩せにくい体になります。これが、リバウンドのメカニズムです。

酵素ドリンクを飲むと、含まれている食物酵素により、代謝酵素の浪費を抑えて代謝機能が向上します。さらに、カロリーが含まれているため、エネルギー吸収率が上がる心配がないので、リバウンドの心配が少ないのです。

健康への効果

加熱食品や肉、脂の多い食べ物を多く食べると、胃腸に負担が大きくかかります。胃腸の負担が大きくなると、酵素を大量に浪費し、消化器官が疲弊してしまいます。

酵素ドリンクで体外から酵素を摂取することで、胃腸への負担が軽減し、新陳代謝の向上が期待できます。

酵素はその他にも、新陳代謝の向上による疲労回復や免疫力の向上、内臓脂肪の減少による生活習慣病のリスク低下や、血液をキレイにして血管系の疾患の予防にも効果があるとされています。

臭いの予防

代謝が落ちて腸に老廃物が溜まった状態が長期間続くと、老廃物によって腸内の悪玉菌が成長して毒素を発生させ、体臭や口臭の原因となる可能性があります。

酵素ドリンクによって体外から酵素を補給することにより、腸内環境を整え便通をよくすることは、口臭や体臭などの予防にも役立ちます。

肌への効果

肌のシミの原因の多くは、皮膚内の活性酸素が紫外線によって刺激され、メラニン色素と結びつくことに起因します。
活性酸素が刺激されると、皮膚を生成するコラーゲンなどの膠原繊維(こうげんせんい)と呼ばれる組織を破壊し、しわの原因にもなります。
酵素はその活性酸素と結びつき、無害なものへと変える働きがあり、お肌のあらゆるトラブルの予防につながると考えられています。

このように、数々の嬉しい効果がある酵素を使ったファスティングダイエット。
その効果を実感した人の口コミをリサーチしました。

酵素ドリンクのファスティングダイエット・成功者の口コミ

  • 2年前からファスティングダイエットを始めました。3日間を酵素ドリンクと水だけですごし、徐々に軽いものから食事を増やしていく方法で続けたところ、1ヶ月で5㎏、3ヶ月で7㎏ほど痩せることができました。身体のコンディションは良いままですし、肌荒れなどもありません。
  • 長くダイエットを続けることができなくて、何を始めてもすぐにやめてしまい痩せられずじまいでしたが、酵素ドリンクの1食置き換えダイエットは、食事制限に関して特に我慢せずに食事をとることができるので、飽きることなくダイエットを続けることができました。
  • 酵素ドリンクを購入し、説明書きを見てみると「朝ごはんを酵素ドリンクに置き換えるだけで健康になれる」と書いてあったので、だまされたと思って一度試してみたら、1ヶ月経った頃には3㎏も痩せていて驚きました。

健康のパートナー・酵素について覚えよう!

「酵素」のことを正しく知ろう!酵素とは、基本的に体内で起こる化学反応を促進する機能をもった分子のことです。

体内における消化吸収、新陳代謝、排泄などをスムーズに行うために欠かせない要素となっているため、人の生命活動の維持に大きくかかわっているといえるでしょう。

酵素の実態は、たんぱく質が周りにグルグルと巻き付いているミネラルです。核となるミネラルの種類やたんぱく質の性質によって様々な種類があります。現在発見されている酵素の数はおよそ2万種と言われており、今でも新しい酵素が発見され続けています。

酵素の歴史

その発見は古く、1832年にA・パヤンとJ・F・ペルソという2人の化学者によって発見されました。その際に発見された酵素というのがアミラーゼという消化酵素です。

発見の翌年、彼らは「細胞(生命)がない抽出物(無細胞抽出物)の中のでんぷんを糖化する作用」が、アミラーゼにあることを発見しました。しかし、酵素を抽出するためには生物から採取するしか方法がなく、加熱すると死んだようにその性能を失う性質を持っていたので、発酵が酵素によって引き起こされているのか、あるいは目に見えない細胞(生命)が混入して引き起こされているのか区別ができませんでした。

長い年月2つの説で論争が続いていましたが、1896年にその論争に終止符が打たれることになります。

のちにノーベル化学賞を受賞したエドゥアルト・ブフナーという化学者が、酵母の無細胞抽出物を利用してアルコール発酵を成功させたのです。これによって、酵素の存在が認められ、今日に至るまでに広く利用されることになったのです。

人間は酵素を古くから発酵という形で活用してきましたが、現代社会では、その利用方法は食品だけにとどまらず、工業製品や日用品の性能の向上、医療機関の検診対象になるなど、人間社会と深く関係しています。

その中でも、洗剤に含まれているリパーゼやプロテアーゼ、ステンザイムには、たんぱく質や脂質を分解する働きがあります。それによって服についた皮脂や食べこぼしなどの汚れを分解して落とすことができるのです。

つまり、酵素なしに、私たちは生きていられません

酵素の作用

実際の酵素の力が一体どのようなものなのかを知らない方は多いと思います。

人間の健康と酵素の働きに関して、アメリカ人の医学博士エドワード・ハウエル氏が1985年に『酵素栄養学』という著書を発表しました。その著書内で彼は、「消化酵素」と「代謝酵素」「食物酵素」の3つの酵素の存在を提唱し、これは現在に至る酵素に関する研究の基本となっています。その中で言及されている酵素の役割を紹介します。

○酵素の働きは一つだけ

酵素には2万種類以上という膨大な数がありますが、働きはそれぞれ1つずつしか持ち合わせていません。
もっとも有名な消化酵素の一つであるアミラーゼはデンプンを分解して糖に変える働きがありますが、たんぱく質を分解することはできません。逆に、たんぱく質を分解するプロテアーゼはデンプンを分解することができません。そうすることで、体内にあらゆる酵素が存在しても、お互いが干渉し合わないようにできているのです。

○熱による変化

ミネラルにたんぱく質が巻き付いている構造の酵素は、熱に弱いという特性があります。
酵素は50℃~70℃以上の温度で加熱されると、卵の白身のようにたんぱくが変成して、酵素ではなくなってしまいます。
そのため、食物酵素を効率よく摂取するためには、加熱処理をしている食品ばかりではなく、酵素の含まれている食品を摂るように心がけると良いでしょう。

しかし、酵素はどんどん減少していきます。
酵素が不足しているということは、「消化酵素」と「代謝酵素」のどちらか一方が不足している状態ということです。

ほとんどの場合は、代謝酵素が不足しているケースです。この場合、新陳代謝が低下し、老廃物の排出を阻害し疲労が溜まったり、痩せにくくなったり、肌荒れやシミなどの美容にも影響が出やすくなります。

逆に消化酵素が不足している場合は、胃や腸などの消化機能が低下するので、消化しきれていない物質が腸に溜まり、便秘が引き起こされます。腸に溜まった老廃物が悪玉菌を成長させ、免疫力が低下してしまうケースもあります。

減ってしまった酵素を補給するのに有効な方法は、新鮮な生の食べ物や酵素配合のドリンク、サプリの摂取です。
生の魚や肉、果物、野菜にはすべて食物酵素が入っています。また、みそや納豆、粕漬けなどの発酵食品にも多く含まれています。
焼き魚に大根が添えてあるのも、大根に含まれている食物酵素が、消化を助けてくれる役割があるためです。
しかし、生の肉や魚は衛生上の問題があり、なかなか食べることはできませんし、果物や野菜もどうバランス良く食べればいいのかわからない方も多いと思います。
そんな方には、酵素の入ったサプリやドリンクを摂取することをおすすめします。特にドリンクは食事のお供などにもできるので、手軽に摂取できるでしょう。

酵素を効率よく摂取するには?

酵素には様々な種類があり、現在では少なくとも2万種類以上のものが発見され、今なお新しい酵素が発見され続けています。

その中で食品に使われる酵素と、その酵素を含んだ代表的な食物は以下の通りです。

糖類の生成
  • α-アミラーゼ:穀物酒/酢/水あめなど…
  • β-アミラーゼ:穀物酒/酢/水あめなど…
  • グルコースリン酸イソメラーゼ:トウモロコシ/じゃがいも/サツマイモなど…
  • トレハロース生成酵素&トレハロース遊離酵素:トレハロース
肉・乳製品の加工
  • パパイン:パパイア/パイナップルなど…(酢豚などに入れて肉を柔らかくする効果がある)
  • レンネット:ギアラ(牛・羊・ヤギなどの第4胃袋)/酢/チーズなど…
食品の改良
  • ペクチナーゼ:果汁/果実酒など…
  • ヘミセルラーゼ:パンなど…
  • 卵白リゾチウム:食品に含まれる保存料

これらの酵素は天然由来なので、原材料として表記されることはあまりなく、製造工程で失活または除去されてしまうため、完成したものには含まれていません。したがって、これらの酵素は食品添加物とは違う扱いとなっているのです。

酵素を多く含んだ食材

酵素は、生野菜や果物、生の肉や魚などに多く含まれています。
酵素を多く含む代表的な生野菜は以下の通りです。

  • レタス
  • キャベツ
  • ニンジン
  • セロリ
  • トマト
  • パセリ
  • タマネギ
  • ブロッコリー
  • 大根など…

酵素を多く含む代表的な果物は以下の通りです。

  • パイナップル
  • パパイヤ
  • バナナ
  • キウイフルーツ
  • マンゴーなど…

酵素はたんぱく質でできているので、加熱すると白く硬くなってその活性を失い、効果がなくなってしまいます。卵の卵白を想像してもらえるとわかりやすいかと思います。
しかし、加熱では酵素を摂れないからといって生野菜や果物を食べ過ぎてしまうと、体が冷えてしまうというデメリットも持ち合わせているので注意が必要です。

生野菜のほかにも発酵食品は、酵素を補給するのに非常に優れた食品だといえます。
酵素を多く含む代表的な発酵食品は以下の通りです。

  • 納豆
  • 漬物
  • 黒酢
  • 塩麹
  • 味噌など…

この食材のほとんどは生で食べる機会が多いため、気をつかわずに摂取することができますが、味噌に限っては味噌汁などにしてしまうと熱で酵素の特性を失ってしまうため、もろきゅうなどの加熱せずに食べる方法で摂取しましょう。

サプリメントによる摂取

野菜や果物は、含まれる栄養素や適切な調理法にある程度精通していないと効率よく摂取するのは難しいですし、何より手間がかかるので、継続して続けるといったことが難しくなってきます。

サプリメントなら、手軽に必要分の摂取が可能なので、継続して酵素を補給するのに役立ちます。

おすすめの酵素サプリメントをご紹介しましょう。

ウルトラ酵素neo
内容量 120粒(約1ヶ月分)
価格 12,960円
カプセル状になっており、臭いやクセがないので飲みやすい酵素です。
千年酵素
内容量 30包
価格 4800円
臭いのクセはありますが、口の中に入れるとヨーグルトのような味がして意外と飲みやすい酵素です。
万田酵素21
内容量 145g
価格 11,988円
まとめて入っている瓶タイプや持ち運びに便利な分包タイプがあるので、ライフスタイルに合わせて使い分けることができます。

手軽で簡単に続けられる酵素サプリメントですが、練りタイプのサプリだと臭いや味にクセが強く続けられなかったという話や、顆粒タイプのものも臭いのクセがありすぎてヨーグルトと一緒に食べるという方もいます。

酵素ドリンクで摂取する方法に比べて、効果を感じるのに時間がかかるという点もサプリメントのデメリットとしてあげられるかもしれません。

酵素ドリンクによる摂取

酵素は、食品から摂取する方法とサプリメントで摂取する方法以外に、酵素を配合した「酵素ドリンク」から摂取する方法があります。

ドリンクは製造過程で、65℃以上の熱で10分程度加熱処理をすることが食品衛生法により義務付けられています。
酵素は、基本的に熱を加えると白く凝固してしまいその活性が失われるとされていますが、約2万種類あるといわれる酵素の中には、熱によってその働きを失わない酵素が存在することも分かっています。

逆をいえば、「熱によって働きを失ってしまう酵素しか配合していないドリンク」はその効果が0という事なので、選ぶ際には注意が必要です。

そこで、酵素を効率よく取り入れられるおすすめの酵素ドリンクを紹介します。

酵素八十八選
内容量 720ml
価格 8,800円(キャンペーン価格)
野草酵素
内容量 720ml
価格 7,000円
毎日酵素
内容量 720ml
価格 12,000円

酵素ドリンクは手軽に摂取できて吸収効率が良く、即効性に優れていますが、その原材料によっては、製造過程の熱で失活してしまい効果が期待できないものもあります。選ぶ際には、口コミなどの情報を参考にして選びましょう。

当サイトでは、酵素の働きや効果から、注目を集めている酵素ドリンクの比較、手軽に行えるファスティング・酵素ダイエットまで、酵素に関する情報をもっと詳しく紹介しています。酵素による健康法が気になる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

酵素ドリンクランキングを見る 

ページの先頭へ
酵素まるわかり百科事典